沿革

  • 昭和20年12月
    大阪市西区西長堀南通1丁目5番地において新興建材工業所として創立、大阪窯業セメント(株)の特約代理店となり、建築材料一般の卸販売を専業として発足。
  • 昭和23年3月
    セメント防水剤・急結剤・装飾繊維壁を製造販売。
  • 昭和28年1月
    資本金150万円をもって、株式会社新興建材工業所を設立。
    初代 代表取締役会長 畠山秀松が就任。
    初代 代表取締役社長 福頼圭蔵が就任。
  • 昭和34年7月
    兵庫県明石市西王子町1丁目39番地に明石工場を建設。
  • 昭和39年5月
    東京都葛飾区に関東拡販のため、東京営業所を開設。
  • 昭和43年7月
    建設業法にもとづく大阪知事登録許可を取得する(第20210号)。
  • 昭和44年12月
    本社を大阪市西区南堀江6丁目39番地に移転。
  • 昭和45年3月
    万国博覧会を記念してタイムカプセルに最優秀の日本壁として特選を受けた「シンコーゾール」が保存される。
  • 昭和49年4月
    資本金4,000万円に増資。
  • 昭和54年11月
    代表取締役社長 山本喜一が就任。
  • 昭和56年11月
    代表取締役会長 山本喜一が就任。代表取締役社長 畠山祐治が就任。
  • 平成3年1月
    商号を株式会社シンコーに改称。
  • 平成5年4月
    シンコービル竣工、本社移転。
  • 平成15年4月
    建設業法にもとづく国土交通大臣許可を取得する(第20097号)。
  • 平成22年1月
    取締役会長 畠山祐治が就任。代表取締役社長 吉成典子が就任。
  • 平成26年11月
    四国駐在所開設。
  • 平成28年10月
    九州出張所開設。